口臭の原因とその予防方法は?

人の口は、誰でも無臭であることはほぼなく、生理的口臭と呼ばれるかすかな臭いがします。
生理的口臭の範囲を超えて、相手が不快に感じるほどの臭いがする場合には、対応が必要です。
口臭があることで、コミュニケーションが滞る、ご自身が消極的になるといったマイナスの影響が想定されます。口臭の原因を理解し、適切な予防を行いましょう。

口臭の原因には、大きく分けて3つの原因があります。

歯科エアーモーター 6ホール

1つ目は、内因的な原因=体の健康状態です。
例えば、肝機能が低下している場合に
は、お口からアンモニア臭、糖尿病の場合には、甘酸っぱいアセトン臭が特徴的で
す。
また、生活習慣病に対する服用薬の影響や、加齢による口腔乾燥もお口の臭いを増幅させてしまいます。

2つめは、お口の健康状態です。
虫歯がある場合には、虫歯の表面は粗造なためプラークが付着しやすく、細菌が繁殖し臭いの原因になります。同様に、歯周病の状態が安定していない場合、歯周ポケット内に炎症が起こり、臭いの原因になります。虫歯や歯周病がある場合には早急に治療を行い、お口の健康を維持しましょう。

歯科用可動式ユニット

3つ目は、お口の清掃状態です。
歯ブラシで毎回時間をかけて磨いていても、歯と歯の境目や、ブリッジの下、奥歯と頬の接する箇所など、歯ブラシが届きにくいところには、プラークが蓄積し、虫歯や歯周病を引き起こします。
毎日の歯ブラシ清掃に追加してもらいたいのが、舌の清掃です。舌には舌苔(ぜったい)と呼ばれる汚れが蓄積しています。舌の表面は、乳頭と呼ばれる微細な突起で覆われているため、凹凸があり、唾液を介して飲食物の残りや、プラークが蓄積します。ドラッグストアや、スーパーのオーラルケアグッズの売り場には舌ブラシ(ぜつぶらし)が市販されていますので、毎日の清掃に取り入れてみましょう。強くこすりすぎると、舌の表面を傷つけてしまうため、歯科医師や、歯科衛生士に使用方法について指導を受けることが理想的です。

---------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科診療用トレーテーブル歯科用エアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

どんな食べ物だったらいいの?

一般的には咽頭で散らばりやすい液体より、食塊の形成性のよいゼリー状の食物の方が誤嚥は少なくなります。より安全な食物形態から徐々に常食へ近づけ、量も少量から増やしていきます。

歯科手術用顕微鏡

安全で食べやすい食物についてまとめますと
温度:冷たいか熱いかはっきりした温度
味:はっきりしたもの(やや濃いめの味付け)
性状:食塊としてまとまりやすく、硬すぎず、変形しやすい(硬くてバサバサは不適当)
均一性:硬さや質感の違う物が混在していないもの
量:ティースプーンに一杯程度
安全で食べやすい食事の例
固形物:ゼリー、まぐろのたたき、卵豆腐、茶碗蒸し(具のないもの)、ムース
液状:ピューレ状、ポタージュ状、マッシュ状(増粘剤で調整)
危険で食べにくい食事の例
ナッツ類、揚げ物、こんにゃく、みそ汁、生野菜、わかめなど
食物形態と量をアップする基準
安全で食べやすいものから徐々に常食へ近づけていき、回数と量を増やしていきます。

歯科用インプラント装置

むせがなく飲み込みがスムーズ
食後の痰の増加や食後の嗄声がない
食事時間が30分以内
摂取量が1/2以上
食事前後のバイタルサインが安定し、疲労感がない
炎症反応がない(CRPWBC、血沈など)

------------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用インプラント装置歯科用マイクロスコープなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

摂食、嚥下機能のアンチエイジング

専門的には食べることを「摂食」といい、飲み込むことを「嚥下」という。

これらがうまくできなくなると、美味しい食事が楽しめないだけでなく、様々な病気や低栄養の原因にもなります。

高齢者の口腔のケアは摂食嚥下機能を保つ上で大切です。

食べ物を認識し、適切な量を口に運び、歯で噛み砕き、その食べ物を口の中から咽頭、更に食道から意へと送ります。

この一連の動作は普段無意識のうちに行っているが、実は体の中の様々な器官が協調して動くことで実現している。

特にしたの役割は重要で、口の中で食べ物を動かし、まとめ、のどのほうへ送るという働きをしている。

摂食・嚥下は次の5つの段階に分かれています。

根管長測定器

①先行期

食品を視覚や嗅覚から認識し、食べやすい量やスピードをほぼ無意識に判断する。

②準備期

食品を咀嚼し唾液と混ぜ合わせ、飲み込みやすい形にまとめる。

まとめたものを「食塊」と言います。

③口腔期

口腔から咽頭へ主に舌の動きによって食べ物を送り込む

咽頭

咽頭から食道へ食べ物を送り込む、「ゴクン」と飲み込む段階に当たる。

このとき軟口蓋(気管を塞ぐ弁)が気道にふたをして食塊が気道に入らないようにします。

⑤食道期

食道から胃へ食べ物を送り込む

これら一連の流れのどこかあるいは複数に何らかの問題が生じ、スムーズにできなくなるのが摂食・嚥下障害です。

代表的なものは、飲み込んだものが食道に行かず気管に入ってしまう「誤嚥」があります。

若い時は気管に空気以外のものが入りそうになるとそれを排出しようとして、むせたり、痰として排出されたりするものだが、年をとってくると反応が鈍くなり誤嚥しても何の反応も起こさなくなってくる。

すると細菌などが肺に侵入してしまい肺炎を起こすことがある、これが「誤嚥性肺炎」です。

歯面清掃用ハンドピース

近年は誤嚥性肺炎で亡くなるケースが増えています。

この他摂食・嚥下機能の低下により引き起こされる影響としては、しっかり食べられないために起こる脱水や低栄養状態、口腔環境が悪化して口の中に細菌が増え様々な病気になるといったことがある。

摂食嚥下機能の低下を防ぐことは命を守ることに繋がります。

下記に書いてあるチェックリストで調べてみてください

□食べ物が飲み込みにくい

□徐々に体重が減ってきた

□拒食(水を飲みたがらないなど)、または食欲低下がある

□食事をするのに1時間以上かかる

□最近食事の好みが変わった

□食事中や食後によくむせたり咳が出たりする

□食後だけ声がガラガラになる

□痰が増えた

□最近肺炎になった、あるいは発熱を繰り返す

------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用根管長測定器歯面清掃用ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

最近気になる子供の「お口ぽかん」って何だろう?

みなさんのお子様は、常にお口がぽかんとあいていたりすることはありませんか?じつは、この状態は、早めに対策しておかないと、後々いろんなデメリットが発生します。今回は「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)をテーマに今回は記事を書かせていただきます。

まず「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態によって、以下のようなことが発生すると考えられます。

①寝ている時に呼吸をしていない時間が発生します。それによって眠りが浅くなり、集中力が低下します。
②鼻毛というフィルターがある鼻を通さず、お口の方から、直接空気を気管や肺に取り入れることで、身体の中の免疫や炎症が続いてしまい、アレルギー疾患になってしまいます。(アレルギー性鼻炎扁桃肥大など)
③舌と唇がお互いに押しあうことで、歯の位置が定まっているので、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)になると上や舌の歯が出っ歯になったり、無理にお口を閉じた時にあごの方にシワができるようになってしまいます。(上顎前突、下顎前突、舌突出癖、オトガイ緊張)
④お口の中が乾燥してしまい、唾液の機能が低下するおそれがあります。それによって虫歯が出来やすくなってしまいます(多数歯齲蝕)。

3~12歳の子供において「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の割合を調べると、年齢が上がるに従い、割合は増加傾向にあります。(3歳の20%、8歳の30%、12歳の40%に見られます。)

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の子供に見られやすい特徴として、以下の12項目があります。3つ以上当てはまれば、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の可能性が高く、6つ以上当てはまれば、重症化している可能性がありますので、是非チェックしてみてください。
①唇にしまりがない
②口をあけて寝る
③口がよく乾く
④上と下の唇の間から歯が見える
⑤1分以上口を閉じれない
⑥食事中にクチャクチャ音が出る
⑦寝ている時に鼻づまりになっている
⑧出っ歯
⑨口を閉じて食べられない
⑩日中、鼻づまりになっている
⑪朝、口臭がする
⑫昼、口臭がする

また「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、以下のような負のループに陥りやすいです。
①日常的に「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)

②出っ歯

③更にお口が閉まらなくなる

④口呼吸になりやすくなる

⑤さらに、日常的に「お口ぽかん」!!

特に、①と②は、指しゃぶりによって発生しやすいので、3歳以降の指しゃぶりには要注意です!

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、自然な改善が期待しにくく、小児期にこの状態が定着してしまうと、その後の口腔機能の発達が停滞することとなってしまいます。そのため、可能な限り、早期に口腔機能発達不全の原因を明らかにし、原因を改善することでその後の正常な口腔機能の発達へと導くことが重要です。

また、口唇閉鎖力の増強と口唇閉鎖の習慣を早期に身に付ける必要があります。

---------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用光重合照射器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

インプラトって本当に良い治療なの?

「インプラトって本当に良い治療なの?」

患者様からよくいただく質問の1つです。

結論から申し上げますと、インプラント治療は良い治療です。

ただ、歯を失ってしまった部分を補うための治療法には、

インプラント治療の他に「入れ歯(義歯)」や「ブリッジ」という選択肢もあります。

さきがけ歯科では、歯を失ってしまった患者様へ

どの治療方法で進めていくか、事前カウンセリングのお時間を設け、

しっかりとご相談させていただいたうえで治療を開始しております。

先ほど「インプラント治療は良い治療」とお伝えしましたが、

良いところばかりではなく、メリット・デメリットがあります。

今回は、その「インプラント治療のメリット・デメリット」について、

そしてインプラント以外の治療方法である「入れ歯(義歯)」と「ブリッジ」のメリット・デメリットについてもご説明いたします。

インプラント治療のメリット

自分の歯と同じ感覚で食べ物を噛める。味や感触を感じ取ることができる。
部分治療の場合、周りの歯を傷つけない。
天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる。
顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる。
 

ガッタパーチャカッター電気切断器

インプラント治療のデメリット

抜歯と同程度の手術が必要。
重度の糖尿病などの疾患がある場合、インプラント治療が困難な場合がある。
保険が適用されない自費治療である。
 
入れ歯(義歯)のメリット

一般的な治療法なので、簡単に治療を受けることができる。
 
入れ歯(義歯)のデメリット

嚙み心地が悪い場合がある。硬い食べ物は噛みにくい。
人によっては違和感がある。
発音に影響が出る場合がある。
見た目が悪くなる場合がある。
 

歯面清掃用ハンドピース 

ブリッジのメリット

見た目が良い。
 
ブリッジのデメリット

ブリッジを固定するために、抜けた箇所の周囲の健康な歯を削る必要がある。
抜けた部分の骨が痩せていく場合がある。
発音に影響が出る場合がある。
 
3つの治療法をしっかりと比べ、患者様にとって最善の治療ができるよう、

サポートさせていただければと思います。

----------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ガッタパーチャカッター歯面清掃用ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

≪小児歯科≫虫歯菌が襲ってくる! 赤ちゃんの歯は今が大事!

◆≪小児歯科≫虫歯菌が襲ってくる!『感染の窓』

・こんにちは!2児のママでもある越前市のあさざわ歯科医院、助手のNKです。

子育て頑張ってますか?   私も仕事との両立を楽しんでいます。

ところで、知っていますか ?

虫歯菌が襲ってくる『感染の窓』という時期を。

・子供の歯を守るために、大人がしてあげられることは。

◆知っていますか? 虫歯菌が襲ってくる『感染の窓』

・生まれたばかりの赤ちゃんには

実は虫歯の原因となる『ミュータンス菌』は存在しません。

ではなぜ ?子供たちは虫歯を造ってしまうのでしょうか

・赤ちゃんは生まれて約6ヶ月で歯が生え始め

1歳7ヶ月~2歳半10ヶ月頃まで次々と歯が生えてきて虫歯菌のすみかが増えていきます。

・なので、この時期に虫歯の原因 『 ミュータンス菌 』に感染すると虫歯になりやすくなってしまいます。

歯科低速内部注水エアーモータハンドピースセット

◆感染の原因とは?

・感染源のひとつは家族の『唾液』です。

【スプーンの共有】

【キス】

【フーフー冷まし】

・お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの愛が虫歯菌を知らずにうつしてしまうのです!

・そして、この時期は大人になってからの『虫歯のなりやすさ』にも関係すると言われている重要な時期なんです!!

◆まるで椅子取りゲーム!~細菌フローラの形成~

・お口の中には健康な人も200種類以上の菌が数十億という単位で存在しています。

うんちよりも口の中の方が多いんですよ!笑

・大切なのは、いい菌(善玉菌)、悪い菌 (悪玉菌)の比率です。

お口の中の細菌の集団(細菌フローラ)は1人1人違います。

・これをおおよそ作るのが『感染の窓』の時期なんです!

細菌フローラの形成は「椅子取りゲーム」のようなもの。

・最初に善玉菌がたくさん定着していると悪玉菌が定着しづらくなる。

また逆に悪玉菌がたくさん定着していると善玉菌が定着しにくくなります。

◆それでも愛情表現は大切

・どんなに気をつけていても生活の中でいつかはむし歯菌に感染してしまいます。 

1回口移ししたからアウトということはありません。

・実際にむし歯になるかは甘いものの摂取頻度や適切な歯磨きなど生活習慣が関わります。

・それよりも、抱き上げたり、顔を近づけたり、語りかけたり、微笑んだりすることは赤ちゃんの発育にも大切なことです。

・あまり神経質になり過ぎず、

スキンシップや愛情表現が疎かにならないようにしたいですね!

 ◆子供の歯を守るために大人がしてあげられること

・最後に、『感染の窓』の時期になるべく菌を感染させないために私たち大人が出来ることをまとめます。

【1、食べさせ方に気を付ける】

・大人が使ったスプーンやお箸で食べさせない!フーフー冷ましをなるべくしない!

【2、コップ、歯ブラシは別々に】

・お子さん専用のコップ、歯ブラシを用意しましょう!

 【3、お口へのチュッを考える】

・意外な盲点なんです。あまり神経質にならないように! 

愛情はたっぷり注いであげてくださいね ♡

【4、周りの大人の歯をきれいに!】

・なによりも子供に接する大人のお口の中が清潔であることが1番。

特にお母さんは妊娠している時からお口の中の細菌フローラを改善しておくことが重要です。

歯医者さんに行って定期的にクリーニングを行いましょう!

【5、離乳をしましょう】

・母乳やミルクは虫歯の要因のひとつなのです。

・授乳を続けると1歳半ごろ(感染の窓が開く時期)に一気にむし歯率が上がるため

できれば1歳半ごろまでに断乳する事が理想です。

・ただ、1歳を過ぎたお子さんへのミルクには栄養というよりも精神的な安らぎであったり

親子の愛情を深めたりする意味もあるため難しい場合は無理にやめる必要はありません。

その場合はしっかりとケアをして虫歯にさせないようにすることが大切です。

(ブラッシングが難しければ濡れたガーゼで歯をふく、水を飲ませるなど)

根管長測定器

◆ミルクをやめられないとお口の中はどうなるのか

・ちなみに、感染の窓が開きお口の中の虫歯菌が増えた状態でミルクをやめられずお口の中の清潔が保たれていないと

「ボトルカリエス」というむし歯だらけのお口になってしまうお子さんもいます。

・特に哺乳瓶を使用しているお子さん、寝る前に飲んでそのまま寝てしまう子に多発します。

・こどものころの治療は歯医者のトラウマになってしまうことが多く

生涯のお口の健康を考えるとできるだけ治療をさせないよう、虫歯にならないようにしてあげることが大切です!

・むし歯予防のために、食後の歯みがき習慣、

【甘いものを食べすぎない!】

【だらだら食べをしない】

【定期的にフッ素でケアをする!】なども大切です!

------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用根管長測定器歯科用エアーモーターセットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

入れ歯・義歯はどのくらいの期間有効につかえるの?

入れ歯や義歯はずっと使えると思っている方もおられるかもしれませんが残念ながらそうではありません。しかし、はっきりとこの期間は使えますとか、この期間まで使えますとは一概には言えません。これは患者様一人ひとりの口腔内環境と日頃のお手入れに違いがあるからです。今回は入れ歯や義歯がいったいどれくらい持つのかというお話です。

なぜ入れ歯や義歯が使えなくなるの?
入れ歯や義歯はなぜ使えない状態になるのでしょうか。入れ歯の場合長期間使っていると人工歯がすり減り、うまくかみ合わせができなくなったり、年齢とともに歯槽骨が吸収されて入れ歯が合わなくなったりしてきます。

部分入れ歯の場合両側に引っ掛けている金具が歯に負担をかけ虫歯や歯周病になってしまうことでガタガタ揺れたり、ゆるくなってしまい合わなくなることが多いのです。特に部分入れ歯の場合は普段のお手入れが入れ歯の長持ちとは非常に関係が深いといえます。

歯科1:1等速ストレートハンドピース

入れ歯や義歯を長持ちさせるには?
ではどうすればできるだけ入れ歯や義歯を長持ちさせることができるのでしょうか。

日常的な手入れ
歯磨き粉は入れ歯専用を利用する
寝る前には入れ歯を外す
健康でしっかりとした口腔内環境を保つ
定期的に歯科医院でチェックしてもらう
日常的な手入れ
やはり日常的にこまめにお手入れすることに限ります。入れ歯用専用ブラシを利用し食事後には必ず入れ歯を外して洗うようにしましょう。また部分入れ歯の場合はバネのかかっているは特に汚れやすいので念入りに洗うようにしましょう。

また、洗浄するときは水で洗ってもよいのですが、あまりにも汚れがひどい場合などには洗浄剤を利用して洗浄するようにしてください。

歯磨き粉は入れ歯専用を利用する
洗浄の際に普通の歯磨き粉を利用されると歯磨き粉には研磨剤が入っているので入れ歯が削れてしまいます。なので、入れ歯専用歯磨き剤を必ず使うようにしてください。

寝る前には入れ歯を外す
寝ているときには唾液の分泌量が減ってしまいます。入れ歯を付けたままにすると汚れが付きやすくなってしまいます。必ず外して寝るようにしましょう。また外した入れ歯をそのまま置いておくと変形したり、割れてしまったりする原因となります。しっかりと洗浄剤などにつけて保管するようにしましょう。

口腔内カメラ

健康でしっかりとした口腔内環境を保つ
入れ歯が大丈夫でも入れ歯を支えている骨や歯が弱くなっては入れ歯や義歯は使えなくなってしまいます。しっかりと栄養状態を管理して丈夫な骨、よい口腔内環境を保つように努力することも入れ歯や義歯を長持ちさせるためにとても大切なことです。

定期的に歯科医院でチェックしてもらう
自分ではしっかりとしている思って使っていても実はフィットしていなかったり、見えない割れがあったりということもあります。あまり使い心地に変化がなくても半年に1度は定期的に歯科医院に入れ歯をチェックしてもらうようことをおすすめします。

まとめ
文頭でもお伝えしたとおり入れ歯や義歯は一生物ではありません。口腔内環境や年齢などに応じて作り替える必要がある場合もあります。しかし、できるだけ長持ちさせようと努力することでその寿命を延ばし長く使えるようにはなります。

入れ歯や義歯のお手入れはもちろん、あなた自身の健康状態や口腔内環境にも気を配り健康健全な生活を送ることも長持ちにはつながるのです。

----------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ストレートハンドピース口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。