歯のクリーニングってしたほうがいいの? 

今日は、「どうして歯のお掃除が必要なのか?」をお話ししたいと思います。 歯医者さんで、「次回は歯のお掃除(クリーニング)をしましょう」「定期健診で3か月後に来てください」と言われることがありますね。 しかし、「なぜ歯のお掃除が必要なの?」「別…

いつから子供の歯の矯正始める?

お子さんの歯並びが気になってらっしゃる方は多いですよね。 しかし、いつから治療を始めるのがベストなのでしょうか。 そこで、今回は子どもの歯の矯正を行うベストなタイミングをご紹介いたします。 ぜひ参考にしてみてください。 □矯正治療には始める時期…

インプラントとMRIについて

みなさんもご存知のインプラント治療ではあごの骨に金属のチタンという素材を埋め込みます。 そのためよくある質問の一つとして、「MRIは金属を取り外すようにいわれる検査ですが、インプラント治療をしていてもMRIの検査を受けることができるのでしょうか?…

治療ステージにおけるインプラント治療のリスク

インプラントはしっかりかむことができ、見た目も自然でほかの歯にも負担をかけないメリットの多い治療ですが、どの治療にもリスクがあります。 しっかりとリスクもお伝えした上で納得して治療して頂く必要があります。 そこで今回は各治療ステージにおける…

プラークって何?

「プラーク」って聞いたことありますか? 歯を磨かないでいると歯の表面がザラザラ、ネバネバしてきますよね。歯と歯の間や歯と歯茎の境目を見ると白〜黄白色の付着物があるのがわかると思います。 この付着物がプラークです。 プラークは日本語では歯垢(し…

金属アレルギーでもインプラント治療は受けられる?

インプラント治療を希望しているけれども金属アレルギーをお持ちの方は少なくありません。また金属アレルギーを持っていなくても今後アレルギーを発症する可能性もあるため心配する方も多いです。今回はインプラント治療と金属アレルギーについて解説します。…

基本歯周検査

歯周病の検査プローブという器具を使用して歯肉の中の状態を調べます。深さを測ったり、歯や歯肉の内側を触り状態を確認します。 歯肉の炎症の度合いや、人それぞれ痛みの感じかたが違うので、チクチクと少し感じることもあるかもしれません。歯肉の中をよく…

詰め物、かぶせ物の種類について

今回は詰め物や被せ物の特徴についてお話しします。虫歯になってしまったら必ず治療が必要になってきます。虫歯の大きさによって治療内容は変わってきますが型取りが必要になってしまった時その種類が詰め物なのかか被せ物なのかそれぞれに分かれます。そし…

歯垢と歯石の違いは

みなさんが普段耳にする歯垢と歯石の違いってご存知でしょうか? 歯垢は、歯につく白くねばねばしたもので、食べかすではなく細菌のかたまりです。最近メディアなどでも取り上げられることが多く「プラーク」や「バイオフィルム」と呼ばれることもあります。…

歯の土台をファイバーコアにするメリット

歯の土台をファイバーコアにするメリット は、神経を失ってしまった歯を強化することができます。 神経を失ってしまった歯というものはもろくなり、欠け易い、割れ易いという問題が起こり易くなります。でも、歯医者や歯科で行っている土台をファイバーコア…

正しい歯磨きの仕方

歯磨きの目的は、歯に付着した食べ物の欠片を残らず落としきることにありますが、正しい歯磨きの仕方はそれに、歯や歯肉を傷つけないようにするという条件を加えたものとなります。歯がピカピカになる代わりに、歯肉が出血するまで強く磨ききるような歯磨き…

子どもの乳歯がぐらぐらした時はどうしたらいいの?

子どものお口の中は、日々大きく変化することから、親御さまはいろいろと戸惑うことが多いことかと思います。例えば、乳歯がぐらぐらするようなケースでは、すぐにでも歯医者さんに行くべきか迷われることでしょう。そこで今回は、子どもの乳歯がぐらぐらす…

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎皆さんはインプラントにすれば虫歯や病気の心配はしなくていいと思っていませんか?確かにインプラントは人工物なので、虫歯にはなりません。しかし、歯周病はどうなのでしょうか?今回はインプラントにした人に多く見られる、インプラン…

より良い予防法は定期健診

早期発見、早期治療 お口の健康を管理するには、第一にご自身でのケア(歯ブラシやフロス)、第二に歯科での定期検診の2つが重要になってきます。毎日のケアを適切しているつもりでも、自身で取り切れない歯垢や歯石は必ずあります。定期検診でそれらを落と…

むし歯って予防できる?

毎日歯を磨いているのに、どうしてむし歯になるんですか?というご質問をいただくことがあります。 むし歯は、お口の中の細菌が、食べ物や飲み物に含まれる糖質を分解して生み出す酸によってできます。この酸によって、歯を構成するカルシウムなどのミネラル…

哺乳瓶う蝕ってご存じですか?

哺乳瓶う蝕とは、離乳期を過ぎても哺乳瓶で長期間継続して母乳や人工乳、スポーツ飲料、乳酸飲料やジュースなどを飲ませることで上の前歯に広範囲にできるむし歯のことで、さらに続けることで、上の奥歯にもむし歯ができてしまいます。 哺乳しながら寝ると上…

シーラントって何?

奥歯の溝は、歯ブラシが届かないほど深い場合があり、放置するとむし歯になる危険性があります。 虫歯予防といえば、歯みがきやフッ素などが思い浮かぶと思いますが、シーラントは、歯科用樹脂で奥歯の溝を埋めて、虫歯菌が繁殖しないようにするものです。薬…

歯がすりへると問題があるの?

歯は長年にわたり上下の歯が噛みあうことで健康な歯でも生理的な現象として噛み合わせの面が削れてきます。 歯のすり減りを咬耗といいます。咬耗(こうもう)の程度には個人差があります。70歳をすぎても咬耗の少ない方もいれば、それほど高齢でないのに歯が…

悪習癖による歯並びへの影響を知っていますか?

①虫歯が気になる ②歯ぐきから出血する ③口臭があると言われたことがある ④歯並びが気になる ⑤顎がいたいことがある といった項目で気になっているお子さんもしくは親御さんがチェックをして出してくれる(気になった項目があった学生さんだけが提出する)の…

キシリトールって何?

よくガムなどに書いてあるキシリトール。 歯には良さそうだけど実際何?と思われている方も少なくはないと思います。 キシリトールはずばり糖です。 しかしながら虫歯をつくらない素材です。 キシリトールが入ったものを食べると虫歯をつくる菌が口の中から…

虫歯になりにくい生活のポイント

規則正しい食生活〇朝昼晩3回、規則正しい食事を! 虫歯の原因菌は口の中に摂り込まれた糖分をエサにして分解する際に酸を産出します。口の中が酸性になり、歯が溶けやすい環境になり脱灰(だっかい)を起こします。これが虫歯の始まりです。しかし、酸を中…

歯茎の異常について

そもそも健康な歯茎はどんな状態なのでしょうか?硬く引き締まっていて、歯に密接していること。色は薄いピンク色で、歯と歯の歯茎は三角形をしています。またよく表面をみると、オレンジの皮に似ているくぼみが見られます。このくぼみのことを 『スティップ…

口腔金属アレルギー

お口にも『金属アレルギー』ってありますよね。肌に直接触れるアクセサリーだけでなく、歯科治療に使われる金属もアレルギーの原因となる事があります。 金属アレルギーは接触アレルギーです。遅延型アレルギーの一種で、アレルギーの原因物質が体内に入って…

銀歯とは

金銀パラジウム合金とは、歯の詰め物やかぶせ物に使われている銀色の金属です。恐らく、今世間で使われている『銀歯』の殆どはこの金属を使っていると思われます。当院でも、患者さんが虫歯の治療に保険内の銀歯を希望された場合には、この金銀パラジウム合…

口腔カンジダ症とは

口腔カンジダ症は、Candida albicansという真菌を主体とする感染症であり、高齢者に多く見られます。Candida albicansは口腔内常在菌の1つであり、多くの人に共通して口腔内には存在しますが、通常は一定数以上に増える事はなく、病原性を発揮する事はあり…

歯と口の気になる症状

まずは歯の着色についてです。 ①虫歯(しみたり痛んだりする時に疑われる。治療としては削って詰め物、あるいは根の治療をして被せもの、あるいは抜歯になります。) ②着色(しみない時、着色しやすい食べ物や喫好品がある場合、顕著に認められます。わかり…

歯茎が腫れる原因

歯茎が腫れる原因はいくつかありますが、もっとも多いのは歯周病です。その他、智歯周囲炎や歯根破折、根尖性歯周炎(根尖病巣)などによっても歯茎が腫れることがあります。 ■歯周病歯周病は口腔内の細菌の繁殖によって、歯茎に炎症が起きる病気です。歯茎…

フッ素でむし歯予防

フッ素(フッ化物)は何か怖い....危険な物....と思われる方がたまにいらっしゃいますがフッ素は化学的に合成された物ではなく、自然界にある元素の1つで、地中や海水にも含まれています。したがって、地球上のすべての動・植物に含まれていて海産物、肉、野…

味覚障害と口腔ケア 今回は味覚障害についてお話したいと思います。 みなさん最近コロナの症状として味覚障害という言葉をよく耳にすると思います。味覚障害といっても様々なものがあります。 薄い味を感じにくい「味覚減退」味を濃くしてもまったく味を感じ…

バレンタインデーと虫歯について

子どもの時ははチョコレートを食べたら虫歯になる気がして、好きだけど虫歯になったらイヤだな~と思いつつ食べていた魅力的なお菓子でした(^-^; では実際のところ、チョコレートは虫歯になりやすいのでしょうか?? チョコレートの甘い香りには、集中力や記…