「赤ちゃん」と「プロバイオティクス」

「赤ちゃん」と「プロバイオティクス」についてお話ししたいと思います。
生まれたての赤ちゃんのお口の中は無菌状態です。
その後家族からむし歯菌や歯周病菌をもらい、お口の細菌そうができあがります。

とくにむし歯菌については、19~31カ月がお口のなかにもっとも定着しやすい時期で、この頃にむし歯菌をたくさんもらうと、それが縄張りを広げ定着し、生涯むし歯のリスクが高くなります。

歯科医療用ライト

また、赤ちゃんの腸も同じく最初は無菌状態で、離乳食が始まる時期からさまざまな細菌に感染し、徐々にお棚と同様の細菌そうをもつに至ります。

じつは、細菌の縄張りが固定そていない人生のごく初期にプロバイオティクスを摂ると、善玉菌が永久的に定着可能性が増えることがわかっています。

歯科用デジタルX線センサー

早い時期に無害な菌に感染することによって、子供の自然免疫系を強化するという考え方は古くからいわれてきましたが、プロバイオティクスに早期に触れそれが定着することによって、お口関連でいえばむし歯予防や歯周予防に、そして全身的にはアレルギーやアトピーの抑制に効果があることが徐々に解明されてきています。

お子さんの将来の健康のために、「子育てにプロバイオティクスが欠かせない」という時代が近い将来やってくるかも知れません。

-------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科手術用無影灯歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。