永久歯前歯の交換

最も早く生え換わる歯は下の前歯(中切歯)ですが、乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてくることがよくあります。その理由は、下の前歯は乳歯の真下から生えるのではなく、内側(舌側)から生えるため、乳歯の根が吸収されずに残ってしまうためです。乳歯と永久歯が同時に生えている姿から、二重歯列とも呼ばれています。
子どもの口の中を見て、保護者の多くは驚かれますが、心配することはりません。乳歯が大きく揺れていれば、あわてて抜歯する必要はなく、様子を見ます。しかし、乳歯がまったく揺れて揺れていない場合は、歯科医院を受診しましょう。二重歯列の状態が長く続くと歯並びにとって決して良いことではありません。

光重合照射器

一方、上の前歯(中切歯)は乳歯のほぼ直下から生えてくるので、下の前歯と違って二重歯列になることは少ないと言われています。このように、上下の永久歯の、前歯の交換の仕方は大きく異なっています。

歯科用根管拡大形成キット 

また、前歯の交換期は、あごの横への拡がりが顕著にみられる大切な時期です。特に、下の前歯は、側切歯の生え換わる時期が重要になります。それは、中切歯より側切歯の方が大きいため、側切歯が生え換わる時の萌出力が、あごの横への拡がりを促進するためです。

----------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用光重合照射器根管治療機器(根管拡大形成キット)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。