不適合な被もの・入れ歯を使い続けるリスク

皆さんのなかで、大きなむし歯で被せものの治療をした方、歯の本数が減少

し入れ歯を入れた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

被せものや入れ歯は、見た目はもちろん食事ができるようにするための助けになったり、他の歯の負担を軽減したりするためなど、とても重要な歯科治療です。しかし、加齢等による歯ぐきの痩せや、経年的な劣化により、徐々にお口の状態と合わなくなります。

サンドブラスター

 

【リスク1:むし歯】

被せものは天然の歯よりも歯垢汚れが残留しやすくなります。特に被せものと歯ぐきの境目の隙間にできるむし歯(歯頚部う蝕)になりやすいです。不適合な被せものは歯ぐきと被せものの間の隙間が広くなるため、むし歯になるリスクが高くなります。

また、入れ歯の場合は合っているものを装着していても、入れ歯のバネをかけている歯や、歯が無い部分の隣の歯に歯垢汚れが残留しやすく、むし歯になる可能性が高くなります。

どちらも知らず知らずのうちに大きなむし歯に発展していることが多いため、早期発見が重要になります。

【リスク2:歯が揺れてくる】

このリスクは主に不適合な入れ歯を長期的に使用することで、入れ歯のバネがかかる歯(支台歯)に起こりうるリスクの一つです。

この支台歯にはお口にあった入れ歯を付けていても、入れ歯にかかる機能力を負担することから、過重負担が生じやすいため、他の歯と比較して歯が揺れてくる現象が起こりやすい傾向にあります。

そのため、お口に合っていない入れ歯は通常よりもさらに負担がかかるため、歯が揺れるリスクが上がり、最終的に抜け落ちてしまう可能性が高まります。

入れ歯の合いは長期間使用しているとそれが当たり前になり、合わなくなってきていることに気づきにくいことがあります。定期的に歯医者で入れ歯の合いを確認することが大事です。

【リスク3:歯ぐきの炎症】

先ほどもお話しましたが、被せものや入れ歯の支台歯には歯垢が溜まりやすい状況にあります。

被せものが銀歯の場合、材質上歯垢が残留しやすいですが、被せものと歯ぐきの境目にはさらに歯垢が付きやすいため、不適合な被せものを入れている歯の周辺の歯ぐきは、炎症を起こしやすくなります。

また、入れ歯の支台歯は歯垢の付きやすさに加えて、入れ歯による機械的な刺激を受けやすいため、炎症に起こす要因に繋がりやすくなります。

歯ぐきの炎症は後々、歯周病の悪化にも繋がります。日々の丁寧な歯磨きや歯医者で定期的にクリーニングを受けることが予防する近道になります。

【まとめ】

お口の中は想像以上に過酷な環境です。そのため、どんなに良質な被せものや入れ歯を使用していたとしても、長年使用し続ければ劣化したり、ご自身のお口の状態が変化したりして合わなくなってきてしまいます。

しかし、合わなくなったものを現在も使用し続けているからと言って必ずしも今回ご紹介したリスクに悩ませられるということではありません。

お話の中でもたびたびお伝えしてきましたが、日々の歯磨きはもちろんですが、これらの一番の予防策は歯医者を定期的に受診することです。

歯ブラシでは行き届きにくい箇所のクリーニングや、むし歯などの歯の異常を早期に発見し、被せものや入れ歯の寿命をのばすことが可能になります。

私はまだ大丈夫!と思っている方も一度歯医者で診てもらってください!

何かご自身の知らない隠れたリスクを発見するきっかけになるかもしれません!

--------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用マイクロスコープサンドブラスターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。