歯のクリーニングってしたほうがいいの? 

今日は、「どうして歯のお掃除が必要なのか?」をお話ししたいと思います。

歯医者さんで、「次回は歯のお掃除(クリーニング)をしましょう」「定期健診で3か月後に来てください」と言われることがありますね。

しかし、「なぜ歯のお掃除が必要なの?」「別にしなくてもいいかな?」「今は虫歯ないし、いいや」と思う方も多いですよね。

ですが虫歯がないからこそ!歯のお掃除が大切なんです。

歯のお掃除をすると、お口の中にある虫歯の菌や、歯周病の菌が少なくなります。

しかし、無くなるわけではなく再び増えていき、個人差はあるのですが2か月~3か月で菌の数は元通りになってしまうんです!

定期健診で3か月後を推奨しているのは、そういった理由からなのです。

また、歯のお掃除が大切な1番の理由は、「普段の歯磨きでは落としきれない汚れを落とすため」なのです。

「普段ちゃんと歯磨きしてるから大丈夫」と思っていませんか?

どんなに気を付けてブラッシングをしても、落としきれない汚れがたまっていき、そのまま放置してしまうと虫歯になってしまったり、、歯周病にもなりかねません。

汚れは歯垢になり、やがてがっちりと石のように固い歯石となってしまいます。

歯垢とは・・・細菌の塊で、これを放っておくと歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。よって虫歯を発生させてしまう原因にもなるのです。

歯石とは・・・歯垢が固くなってしまったものです。歯垢はだいたい2日で石灰化が始まり、2週間程で歯石になってしまいます。

そうなってしまうと、ご自身のブラッシングでは落とせません。

そしてその歯石が歯茎への炎症をもたらして歯周病へ、、、。

よって大切なのは、歯石になってしまう前、つまり“歯垢の段階で除去すること”です!

自分のお口の中は大丈夫かな?と不安になりますね。

ですが歯医者でお掃除をすれば、歯垢も歯石も落としてもらえてお口の中を綺麗に保てます。

さらに、歯の表面がつるつるになると、汚れもつきにくくなります。
身の回りのお掃除でも、溝に汚れがたまりやすかったりしますね。

歯も同じです。

歯並びや、歯の裏、歯と歯の間など、、磨きにくいところには歯垢がたまっていきます。

また、歯磨きが苦手だったり、虫歯になりやすい方、歯周病が進行している方、歯並びがよくない方、タバコを吸う方は、歯のお掃除に来ていただく頻度が多くなるかもしれません。

歯医者は、“痛い時だけに行くところ”ではないのです。

美味しいものを美味しく食べられるのは、健康な歯があるからですね。

定期的に通っていただき、みなさんのお口の健康を守らせてください。

-----------------------------------------------------------

dentaltools.jp口腔内カメラ歯科診療用トレーテーブルなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。