子どもの乳歯がぐらぐらした時はどうしたらいいの?

子どものお口の中は、日々大きく変化することから、親御さまはいろいろと戸惑うことが多いことかと思います。例えば、乳歯がぐらぐらするようなケースでは、すぐにでも歯医者さんに行くべきか迷われることでしょう。そこで今回は、子どもの乳歯がぐらぐらする原因や対処法についてわかりやすく解説します。

▼永久歯への生え変わり

乳歯がぐらぐらする原因としては、永久歯の生え変わりが第一に考えられます。すべての乳歯はいずれ永久歯に生え変わることから、適切な時期がくるとぐらぐら揺れ動くようになるのです。そういった歯の動揺は、とくに気にする必要はありません。自然に抜け落ちるのを待ちましょう。抜け落ちたあとは乳歯を飲み込まないように注意しましょう。

▼むし歯が原因

重症化した乳歯のむし歯では、歯がぐらぐら揺れ動くようになることがあります。そうしたケースでは、歯冠がボロボロになっていたり、歯が黒ずんでいたりするなど、明らかにむし歯とわかる症状が認められますので、すぐに当院までお越しください。早急にむし歯治療を開始する必要があります。

▼外傷が原因

どこかに歯をぶつけて乳歯がぐらぐらするのであれば、歯の亜脱臼や歯根の破折などが疑われます。いずれも専門家による適切な処置が不可欠です。そのまま放置すると、歯を失うことになりかねませんので、すぐに当院までお越しください。痛みがなかったとしても、歯に何らかの異常が生じているため、精密な検査を受ける必要があります。

▼まとめ

このように、子どもの乳歯がぐらぐらと動揺する原因は、いくつかに分けられます。実際は、永久歯への生え変わりのために、乳歯が脱落するケースが多いのですが、その他の原因も考えられますので、不安な方は一度、精密検査を受けましょう。乳歯の異常は、永久歯の発育にも悪影響を及ぼすことから、適切な対応を行っていくことが大切です。

----------------------------------------------------------

dentaltools.jp紫外線uv殺菌灯バイブレーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。