お子様の将来のために一度歯並びについて考えてみませんか?

今回は小児矯正の重要性についてです。

小児矯正とは、お子様の歯や顎の成長を利用して歯並びの位置を調整したり、
永久歯が生え揃うスペースを確保したりする治療のことです。

小児矯正は大人になってから行う矯正(成人矯正)とは異なり、
強い力をかけて歯を動かすわけではないので痛みも少なく比較的短期間で治療可能です。

将来的に成人矯正を受けることになっても、抜歯を避けられる可能性が高まります。

正治療の重要性

現代人の食生活はやわらかい食べ物が多くなり、あまり咬むことに困らなくなりました。
そういった食生活では顎の成長にも影響を及ぼしています。
成長しても顎が発達せず小さいままなので、歯が並ぶスペースが足りなくなり、歯並びや咬み合わせが乱れやすくなるのです

下記のリストは歯並びが乱れることによって起きるリスクです。
これは子供だけではなく、大人も同様ですが、、、

ブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい
歯と歯の隙間から空気が漏れて、クリアな発音の妨げになる
上手に食べ物が咬めず、消化器官に負担がかかる
口元が原因でコンプレックスを抱え、消極的な性格になる
歯並びは見た目だけではなく、全身の健康や口腔内に様々な影響を与えます。
お子様が成長していく過程でこういったことで悩まないようにするためにも、
お子様の歯並びについて気になっていたら一度矯正相談にお越しくださいませ(@_@)
少しでも考えたことがある方ならご検討いただく価値があります。

大人になってからでも矯正治療は出来ますが、お子様だからこそのメリットが多数あります。

見た目の歯並びだけでは悩むのではなく、お子様のこのような癖にも注意が必要です!!

指しゃぶり
頬づえ
爪やタオルなどを咬む
舌で前歯を押す
口呼吸
こういった日常の癖もお子様の歯並びに影響を及ぼします。

 ------------------------------------------------------

dentaltools.jpルーペライト歯周病教学・説明用模型などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。