口腔乾燥症の原因は?

口腔乾燥症は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つでドライマウスとも呼ばれます。日本における罹患者は800万人程度と推定されています。
唾液の分泌低下には様々な原因が存在します。加齢、ストレス、唾液腺障害、偏食、喫煙、全身疾患の症状、薬剤の副作用などがあげられます。全身疾患としてはシェーグレン症候群などがあげられます。

f:id:bayerle:20201224162438p:plain

ところで、みなさーん!このような症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?
クッキーやクラッカー など水分の少ない食品が飲み込めないなどの嚥下(えんげ)障害、味覚障害、口のなかがねばねばする、唇・舌・口のなかの粘膜の乾燥や夜間の乾燥感といった症状です。

さらに、義歯の不適合、装着時の疼痛、カンジダ菌の増殖による舌痛や口角炎やう蝕(むし歯)の多発、舌苔の肥厚、口内炎や口臭なども口腔乾燥症の症状なのです。
治療法についてですが、人工唾液、口腔保湿・湿潤剤などにより口腔内の保湿を心がけることが大切です。

f:id:bayerle:20201224162502j:plain

含嗽剤、トローチ、内服薬等も使用することもあります。

-------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用インプラント装置歯科用開口器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。