上顎洞炎の一般的な治療法

抗生物質の服用

細菌を除去するために、抗生物質を投与します。多くは、マクロライド系抗生物質クラリスロマイシンの長期服用が選択されます。同時に、消炎鎮痛剤で症状を抑えるのが普通です。

 

原因となっている歯の治療

歯性上顎洞炎であれば、原因となった歯の治療をおこないます。虫歯が原因であれば、感染根管治療をして歯の内部を無菌化します。歯周病が原因なら、歯周病治療が必要になります。これらの治療で改善が見られない場合、原因となった歯を抜歯することもあります。

 

上顎洞の洗浄

鼻から細い管を入れたり、上顎洞に針を挿入したりして、生理食塩水による洗浄をおこなうことがあります。歯性上顎洞炎の場合、原因となっている上奥歯を抜歯して、抜歯した穴から膿を抜き、生理食塩水を入れて洗浄します。

外科的治療

重症例、ほかの治療法で改善が見られない場合は、耳鼻科での外科的治療がおこなわれることがあります。内視鏡で自然孔を広げ、膿を取りのぞく「鼻内内視鏡手術」をおこなうのが一般的です。

-----------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用ヘッドルーペ歯科矯正用IPRなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。