歯科超音波歯周スケーラーチップの選択と応用

歯科超音波歯周スケーラーチップの選択と応用

 

どんなブライトの超音波スケーラー用チップでも、医者は異なる歯位や診療需要を満たすために、多種なサイズが選択として提供される。様々なチップを見るときに、悩まないと感じられる。どんなサイズでも、歯石を除去することに役立つチップはいいチップだ。実は、様々なサイズの超音波スケーラー用チップが異なるスケーリング部位に相応する。

#P1は通用型であれ、普通なスケーリングにP1は歯肉縁下歯石を取り除き、歯面と接線接触し、往復式に清掃する。

#P3は細小型であれ、歯肉縁上下歯石を取り除き、側面の縁は強いシャープため、非常に臨間区域のスケーリングに適する。

#S3は鋤型であれ、大きな歯肉縁上の結石を取り除くことができる。先端が扁平で、接触面積がより大きくて、より強力だ。

#10Pは円錐型であれ、円滑な先端はスケーリングと歯周袋歯石を取り除く治療に適用し、洗い流す効果がいい。

#10Xは扁平型であれ、臨間区域のスケーリングに適用する。扁平シャープ、側面の効果がよりよい。

#10Z超音波スケーラー用チップは「目下」というスケーリングを使い、中度や深度歯周袋に適する。縁は長いほど効率がよくなる。そしてそれは物差しが付くので、早めに病人の健康状況を知ることができる。

このようなサイズ超音波スケーラー用チップは基本に日常のスケーリング診療を満たすことができる。個人の仕事によって、#1はしきりに使われる。でも、みんなさんはいくつのチップを配置してもいい。次に#1sなら私は歯肉縁下に診療しているあるいは歯列込み、歯回すの位点を用いる。#1が部位を入てはならない。私は他のザイズに不常用する。私は患者の円滑な歯面が大変な歯石をつけるときに、#2のようなチップを使う。#10xでは、臨間区域に対して、特に根部が凹む部位を使用している。#1で清潔にくいときに、#10xを使えれば、効果がいい。そのザイズの超音波スケーラー用チップにみんなさんは実情によって、購入し、いくつかのチップに準備したが、多すぎることは必要がない。そうすれば、不時の必要のために。

--------------------------------------------------------------- 

dentaltools.jpホワイトニング照射器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。