歯を『残す』治療

精密根管治療とは
根っこの先に膿がたまる病気をご存知でしょうか。
ひどい虫歯を放置したり、根っこの治療をした歯に起こる症状です。

f:id:bayerle:20191121103240j:plain

皮膚粘膜にできる膿とは違い、自然に治ることはありません。
症状が進むと様々な障害をもたらすため、進行度合いによっては抜歯治療が必要になります。

さらに悪化した歯を放置した場合、いざ抜いた後で『噛む機能の回復』が難しくなるため、抜歯治療を適用するタイミングも重要です。
あなたの大切な歯を奪い、いつもの食生活を奪う、大変怖い病気なのです。

この病気を治すためには
①膿の原因(歯の内部の感染物質)を取りのぞき
②神経の管の中に薬をいれて密封する
但し、一般的な保険治療の治癒率は50%に届かない、つまり難しい治療でもあります。

それが、「精密根管治療」、あなたの大切な歯を『残す』治療です。

f:id:bayerle:20191121103246j:plain

精密根管治療の特徴
マイクロスコープによる顕微鏡治療 
従来の肉眼による根管治療では、歯の内部は見ることができず、レントゲンと手の感覚だけが頼りのため、神経を取り残す可能性がありました。

マイクロスコープとは、歯を拡大して確認できる高性能な顕微鏡のこと。 最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、今まで見えなかった歯の内部がハッキリと見えるようになり、神経の取り残しが少なくなりました。


●高精度の歯科用CTで3次元的に診断 
従来のレントゲン診断では、平面的な画像情報となってしまい、根っこの数?形?長さがわかりにくいという問題がありました。また映らない部分があるため、病巣を見逃してしまうことも。

CTの導入により情報量は増加し、診断の正確性は10倍以上になりました。根っこの数?形?長さを正確に測定できるだけでなく、神経や根の周りの病巣をはっきりと観察することができます。

例えば、レントゲン診断では分からなかった骨が溶けている様子なども確認することができます。


●超音波チップ、ニッケルチタンファイルの使用で取り残しを防止
歯の内部はわん曲していたり分岐していたりと、複雑になっています。そのため、柔軟性に乏しい従来のステンレス製の器具を用いた治療では、奥まで届かないことがあり、神経の取り残しにつながってしまいます。(根管長測定器

ニッケルチタン製の器具は優れた柔軟性を持ち、奥まで届きます。また、超音波は歯の内側にしみこんだ細菌まで除去することができます。


●ラバーダム防湿法による「無菌治療」
唾液1mlの中には、1億個の細菌が存在しています。従来の治療法では、治療中に唾液が根管内部へ混入することで細菌感染が起こる場合があります。

この治療法は特殊なラバーシートで治療する歯だけ隔離し、細菌の侵入を防ぐもので、これにより感染を防止することができます。