超音波スケーラーの使用方法と注意事項

超音波スケーラーでスケーリングをする方法:
起動して、まず効率を調節して、効率の大小が歯石の厚さに応じて決める。大きすぎる効率では歯面に損傷する。フット・スイッチを踏んで超音波スケーラー用チップから水霧を見ると、超音波振動が発生した。スケーリング時に、書写式で超音波スケーラー用チップの先端がそっと歯面と平行する15度超えないところを往復に移動して、超音波振動を利用して、歯石に破砕して、抜ける。


大きく硬い歯肉縁上歯石を除去する時に、分割法が採用できる。すなわち、超音波スケーラー用チップで大きな歯石が小さい歯石から分割されて、抜ける。または超音波スケーラー用チップが歯石と歯面の縁に振動して、歯石が歯面から抜ける。柔らかな力をすべき、チップが往復に移動する方法を採用する。チップはある点に停留しなくて、そうすれば、歯面には損傷ができる。柔らかな力から、歯石に対して弱い触覚感知がある。だから、スケーリングを終わった、探触子を用いて脱落かどうかにはよく検査すべきだ。細小あるいは隣接面な歯石には手用機械でスケーリングをする。


①.特殊な人は超音波スケーラーを適しない:
ペースメーカーを持っている患者には禁止する。電磁波放射の干渉のため、眩みと不整脈などの症状を起こすことを避ける。新型なペースメーカーは障壁の機能があるから、超音波スケーラーの干渉を受けなくて、そのペースメーカーをつける患者が禁止な範囲に属しない。

 

肝炎や肺結核エイズのような伝染性な疾病に罹る患者は超音波スケーラーをしてはならない。血液と病原菌がスプレーに伴う診療室の空気を汚染することを防ぐ。

②.超音波スケーラーをする前に、患者に抗菌液を使用しなければならない。例えば、3%の過酸化水素液また0.12%塩素液で1分ぐらいを含嗽する。スプレーの中で細菌の数量の減少と症の発生を防ぐ。

 

③.医員は診療の時に防護措置に備えて、例えば、マスクや帽子や防護眼鏡やブラグなどがある。血液と微生物に接触すること減少する。

④.超音波スケーラー用チップは歯面に角度と圧力:超音波スケーラー用チップは歯面に角度と圧力が歯体組織を欠損する最も要素である。歯体組織に過度な損傷をすることを防止して、0.5Nの側向けの力をすることを勧めて、できるだけ中低選択肢を選んで、チップが歯面と平行する。

 

⑤.できるだけエナメル質の敏感をもたらしない:超音波スケーラー用チップは脱鉱歯面が患者の歯敏感を起こす。例えば、初期な虫歯や異形成なエナメル質などの歯面は特に歯頚部が明らかだ。正確に超音波スケーラーを使用して、エナメル質の敏感症の発生率が減らされる。

 

⑥.金属な超音波スケーラー用チップはチタン製なインプラントにスケーリングができない。金属な超音波スケーラー用チップはチタン製なインプラントの表面仕組みが損傷できて、プラークが沈着しやすいのだ。セラメック製また付着な修復体にも用いれなくて、セラミックに破砕されて付着体がぐらぐらしていて、プラスチックのような非金属チップを変えることができる。

 

⑦.超音波スケーラー用ハンドピースと超音波スケーラー用チップの消毒は極重要だ。交差に感染されることを防止する。各患者には高圧消毒な超音波スケーラー用ハンドピースを換えるべきだ。診療の前に、ハンドピースの後部パイプの残った水を放出しておいて、診療中で、強力吸収器で液体を吸い取って、診療室の細菌をつける水煙をへらす。また、患者が使用する痰つぼや歯科用ポータブル診療チェアは速やかに消毒して、診察室も定期的に消毒して、よくよい施設がある診療室にはエアフィルタを装備して、交差感染や院内感染を防止する。


出典: 超音波スケーラーの使用方法と注意事項