ホワイトニングの原理と流れ

なぜ私たちの歯の色は白くなさそうだ?幼い頃では私たちは白く小さい歯を持っていたことを覚えるかどうか。しかし、私たちはだんだん複雑で多色な食物に触れると年齢をとるについて、歯の色も暗く黄色くなる。多くの人は薬物や水源などの要素から歯が変色している。


ホワンとニングではどうすればいい?
実験によって、歯が色つけする原因は歯仕組みの内部を淀む。普通な歯ブラはしか歯面のプラークを清浄しない。超音波スケーラー歯面清掃用ハンドピースはしか歯面の歯石と色素を取り除かなく、歯の表面が透過できない深層の堆積色素に触れる。現在、国際的に使われる方法は歯を漂白し、ホワイトニング機器を使用し、美白剤と淀んで歯の表面と深層の色素を照射してから酸化還元反応を起こし、歯が色付けの前に白いを回復することができる。


現在では歯を漂白するのは主に2つの方式:

1.オフィスホワイトニング:お医者さんは漂白剤が歯の表面に塗り、冷光ホワイトニング照射器また化学活性化を通して漂白剤と歯の色素が反応が起こし、漂白の効果を達する。一回の診療で理想的な効果を達するが、もし歯の色つけが厳しければ、再度に診療することは必要がある。

2.ホームホワイトニング:お医者さんはあなたのために個体化なホワイトニングストリップを作る。自分でつけ、毎日に一から数時間で、持続な時間は二週間ぐらい。もし歯の色つけが厳しければ、つける時間を延ばすことが必要だ。


漂白効果の維持時間と不良な反応:
漂白効果は一般的に二年が維持できる。それは飲食習慣及び口腔衛生と大きい関係がある。漂白診療は安全で、少数の人が漂白する過程中で歯も敏感になり、診療を終わった、その痛みがだんだんなくなってくる。


診療の流れ
1.ホワイトニングの諮問:お医者さんは初めに患者の場合を了解し、患者の関心な問題を回答する。
2.相関な検査:お医者さんは患者の歯に丁寧に検査を行い、歯科用シェードガイドで現在の歯の色を記録する。その後、お医者さんは患者のためにホワイトニングの方案を制定する。
3.ホワイトニング診療:診療方案によって、オフィスホワイトニングかホームホワイトニングを選択する。
4.完成:歯科用シェードガイドでホワイトニングをした歯を検測する。そして、お医者さんは患者に注意事項を教えることができる。


出典: ホワイトニングの原理と流れ