根管長測定器の正確性を高めることはどうすればいい?

1.根尖孔の大小。根尖孔は狭まればほど狭まる正確性が大きい。普通な大人には電気的根管長測定器でテストできる方法だ。しかし、不完全の発達の根尖孔のラッパ口ような患者はその方法に適用しない。


2.根管内で乾燥な程度。根管は乾燥すればほど乾燥する正確性が大きい。根管の中で大量な血膿があれば、開放ドレナージまた薬をつける。乾燥してから測量している。


以上の2つの要素はお互いに影響している。1つの要素を保証すると、正確に測量できる。根尖孔が大きくても、完全に乾燥を保ったら、正確な結果がある。根尖孔は0.4ミリメートルを超えないなら、根管の中では血膿があっても、結果の正確性を保つ。老年患者はすべての歯髄手術をすると同時に、根管の長さを測量することができ、生きている歯髄が測量に影響しない。


一、 操作の長さを測量する条件と時機

操作の長さを測量する時に、髄腔の準備が完成した。開髄孔と髄腔は根管口が直線な通路を保ち、小振りなニッケルチタンファイルK ファイルが無障害に根尖区域を達することができる。

小振りなニッケルチタンファイルK ファイル(8#10#15)は根管を探し疎通すると操作の長さを測量するベストな工具だ。


二、 操作の長さに影響する要素

根尖のところは2~3ミリメートルのエナメル質と歯髄砕屑物を積んだため、根尖孔が詰ま、平台が形成し、根尖がズレし側に貫くなどが操作の長さに影響している。根管準備の過程で、患者のすべての反応が重視を受けるはずだ。操作の長さの正確ではないと思って、早速に修正すべきだ。


三、 歯間部分の参考点を選ぶ

操作の長さは0.5ミリメートルぐらい範囲を精確する。だから、歯冠部分の参考点は診療する時に不変を保つべきだ。確認やすい。咬合な歯を調整する前に、研磨すべきだ。充填体また薄い歯の頭を選択することほうがいい。


四、 ストッパーの作用

ストッパーは拡大針の上にゴムの小さなブイである。主に操作の長さを表示するために用いられる。浮標の破裂口や標識は、ステンレス器具のあらかじめ曲がる方向を決定するのに役立つ。

出典:  根管長測定器の正確性を高めることはどうすればいい?