知覚過敏の原因について

原因

●違った歯磨きの仕方
力を入れてゴシゴシとこすり過ぎたりすると、歯肉が傷ついて象牙質がむき出しになりやすくなります。また、歯を磨くたび出血している人は要注意です。(歯科診療ユニット)

●加齢による歯茎の後退
歯茎の後退は、年齢を重なることによって引き起こされ、知覚過敏を招いてしまう可能性があります。

歯周病による歯茎の後退
歯周病が進行し歯茎が後退すると、象牙質が露出してしまい、知覚過敏が起きやすくなります。

●歯ぎしりによって歯が削れる
歯ぎしりによって歯が削れて、知覚過敏を引き起こします。(歯科ツール滅菌器 消毒器 高温医療用消毒機)
歯ぎしりは疲労やストレスの蓄積が原因であると言われています。

●ホワイトニングの薬剤
ホワイトニングの薬剤は、歯の細かいヒビから象牙質へと伝わり象牙細管の穴に入り込み、しみる症状を招きます。治療期間が終われば症状は改善されていきます。

●虫歯
虫歯によって歯に穴が開いてしまうと、象牙質が露出し知覚過敏を招きます。虫歯が原因で知覚過敏になった場合、しみるというより痛みが先行して継続的な痛みをもたらします。

予防するには
・歯磨きの仕方
強く磨かず優しくブラッシングします。強く磨いてしまうと、歯のエナメル質が削られてしまい、象牙質が露出してしまいます。
・酸が含まれている食べ物を長歯間口に含まない(例 お酢やかんきつ類)
酸が含まれている食べ物を食べた後は、歯のエナメル質が柔らかくなります。このときにゴシゴシ歯を磨いてしまうとエナメル質が傷つきやすくなってしまいます。液体歯みがきを使用すると良いでしょう。