LED照射器について(1)

LED照射器は外来診療や口腔科などで使われ、光重合照射器で樹脂をが重合し、口腔科では歯を修復するのような作用を発揮する。LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。

 

LED照射器の光は冷光だが、冷光が何だか?
普通な光源は紫外光、赤外光、可視光線などが含まれる。紫外光が強いエネルギーがあり、赤外光が物体に吸収しやすいので、それは照射されるものの温度に高められる。だから、一般的に、紫外光と赤外光を除き、可視光線という光源はだけ冷光と呼ばれる。しかし、私の認識によって、光そのものはエネルギーだが、照射されるものの温度が高められる。そのゆえに、光重合照射器では、感光性樹脂に有効な光源(例えば430—480nm)が冷光呼ばれると思う。


LED照射器の光は冷光だか?
そうだ。そうでもないと言える。光重合照射器から使われるLEDはハロゲンランプより発熱量が小さく、光線がほとんどブルーライトだので、冷光と言える。しかし、ある光重合照射器はハイパワーなLEDを使い、一方で、光の強さが大きく、1000 mW/cm2を超える;他方で、光強さを得るために、デザインではできるだけ駆動電流が増加しなければならなく、1000—2000mAを達する。そうしたら、LEDの発熱量が大きく、スペクトルの範囲も広く、樹脂の温度も高めることになる。すなわち、このようなLED照射器は完全な冷光ではない。


LED照射器を買う時に、完全な冷光にはどのように判断しているか?
LED照射器には完全な冷光を追求することは必要があるかどうか、現在では、一層に研究するわけだ。光重合照射をする時に、樹脂の温度にはLED照射器がハロゲンランプ照射器より低いという要求すべきだ。買う時に、発光先を掌に強い光模式で照射し、掌の温度を通する判定するには熱すぎるならないほうがいい。もちろん、LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。


文章ソース  LED照射器について(1)