ホワイトニングの6つの問題について

1.ホワイトニングの効果
ホワイトニングは歯を漂白すぎないく、歯の光沢が高めることができる。

2.誰がホワイトニングに向いているのか?
歯科医師はホワイトニングに操作すべきだ。ある美容院ではホワイトニングのサービスを提供している。しかし、専門的な許可がなければ、不合法で、口腔の健康に危害できる。自分の家では漂白したら、医者の診察を受けて自分に合うかどうかを判断する必要がある。

3.ホームホワイトニングと美容院でホワイトニングのリスクはどれぐらいですか?
あるホームホワイトニングの中で美白成分は足りない。
ホワイトニングをする専門な作業員ではなければ、漂白する歯列矯正器に合わない場合がある。更に美白薬物が歯列矯正器の縁から歯肉また口腔内を漏らす。口腔内靭帯が火傷されて、歯が敏感になる。

4.ホワイトニングという項目は保険の範囲に属しているか?
医学需要だけは保険範囲に属する。(例えば、変色な死んだ髄歯は内部を漂白して、正常な顔色になっている。)そうなければ、ホワイトニングは保険範囲に属しなくて、費用では自費で、美学診療の範囲に属するのです。

5.ホワイトニングは永久性ですか?
いいえ、ホワイトニングは永久性ではない。数月から三年までぐらい持続している。人にとって、効果も異なる。一般的に、タバコを吸い、お茶またコーヒーを飲めば、ホワイトニングの効果は長い時間で持続できない。

6.ホワイトニングは義歯に有効ですか?
効果ではない。ホワイトニングは義歯、セラミック製の歯、充填物またベニアに効果ではない。


文章ソース   ホワイトニングの6つの問題について