カンジダ性口角炎

ドライマウス
唾液には「リゾチーム」「ラクトフェリン」などの抗菌物質が含まれています。つまり、唾液は「口腔内の衛生状態を保つ働き」を持っているわけです。そのため、ドライマウスで唾液の分泌量が減ると、細菌が増加しやすくなります。カンジダ菌が増加すれば、それだけカンジダ口角炎を起こすリスクは増加します。(歯科治療機器

f:id:bayerle:20180510175000j:plain

抗生物質の多用
長期間にわたって抗生物質を連用していると、カンジダ菌に感染しやすくなります。抗生物質は細菌には効きますが、真菌(カビ)には効果がありません。ですから、抗生物質を多用すると「細菌が激減し、口腔内の細菌バランスが崩れる」という現象が起こります。ライバルの細菌がいなくなった口腔内は、真菌であるカンジダ菌が大量増殖できる環境です。結果、カンジダ感染症を起こしやすくなるのです。

免疫力の低下
疲労・睡眠不足・体調不良などで免疫力が低下していると、「健康なら感染しないレベルの常在菌」に感染するリスクが出てきます。免疫力が低下した状態であれば、カンジダ菌に感染する恐れもあります。(ホワイトニング照射装置