歯ぎしりを起こしやすい原因

ストレス

歯ぎしりの原因として最も考えられるのが、「ストレス」と言われています。仕事での対人関係や、生活環境の変化によって起きるストレスなど、個人によって感じ方もさまざまです。(小型集塵機

治し方

現代社会では、ストレスを受けずに生きることは難しいといえます。ただストレスと上手に向き合い、抱え込まないように自分なりの発散方法を身に付けることが大事です。

f:id:bayerle:20170916120119j:plain

噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪いと、歯ぎしりを起こしやすくなります。成長に合わせて噛み合わせは変化するものですが、虫歯や歯周病が原因で噛み合わせに変化が生じてしまうと、歯ぎしりが強くなってしまいます。(コンポジットレジン

治し方

噛み合わせの状態を歯医者さんで細かく診断してもらいましょう。治療法として、詰め物や被せ物を用いた「補綴(ほてつ)治療」で欠損した歯を補う方法があります。虫歯や歯周病を発症している場合は、早期に治療を進めることが大切です。