赤い口内炎の治療方法

カタル性口内炎の治療法

カタル性口内炎であれば、自宅で経過観察しても構いません。基本的に1週間~10日もあれば自然治癒します。口腔内が不衛生だと長引くので、衛生管理には留意してください。患部を刺激しないように「ぬるま湯」でうがいするなどして、口腔内の衛生状態を保ちましょう。(歯科 開口器

あるいは、「イソジン」「コンクール」など低刺激のうがい薬を使用しても構いません。ただし、アルコールの入った洗口液は刺激が強すぎるので避けましょう。そのほか、抗生物質の入った軟膏を塗布するのも有効です。雑菌の繁殖を抑えることで、炎症の悪化を防ぐことが期待できます。

f:id:bayerle:20170829124420j:plain

カンジダ口内炎の治療法

真菌(カビ)の感染症なので、抗真菌薬による治療をおこないます。ステロイド抗生物質カンジダ口内炎の誘発・悪化要因になるので注意が必要です。ステロイドは免疫反応を抑えてしまいますし、抗生物質カンジダ菌に効きません。特に抗生物質は、ほかの菌を殺菌することで、結果的にカンジダ菌のさらなる増殖をサポートしてしまいます。

ヘルペス口内炎の治療法

ヘルペス口内炎は「単純ヘルペスウイルス1型」が原因ですから、抗ウイルス薬による治療を試みます。「アシクロビル」「ビダラビン」などの抗ウイルス薬を用いることで、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることが可能です。(歯科用シェードガイド