噛み合わせの悪さの影響

1.胃腸の負担が大きくなる

噛み合わせが悪くなると食べ物が噛めなくなってしまいます。
食べ物をよく噛むことはとても大切です。噛んだ食べ物は消化器官に流れます。
よく噛んで食べなければ消化しにくくなってしまうのです。
消化しにくい食べ物はそのまま胃腸に残ってしまうため、胃腸の負担が大きくなります。(開口器
胃腸は食べ物を消化するための大切な臓器なので、負担が大きくなるほど体調不良になりやすくなるのです。
また、よく噛まずに食べると太りやすくなってしまいます。肥満の原因にもなるため注意しなければなりません。
健康的な生活をするためにも噛み合わせを改善していきましょう。

f:id:bayerle:20170606151326j:plain

2.肩こりや腰痛、顎関節症になる

噛み合わせの悪さは「顎関節症」を起こす恐れがあります。
顎関節症とはあごを動かす関節に異常が起きる病気のことです。
口があけにくい、顎がなる、顎が痛いなどさまざまな症状が起こります。
原因は人にとってさまざまですが、顎関節症は早めに治療しなければなりません。
早めに治療をすすめていけばおよそ8割の人が完治します。
しかし、中にはめまいが起きる、日常生活に支障をきたすなど重症になるケースもあるので注意が必要です。重症の場合は手術が必要になるでしょう。
そして、体への悪影響は口腔(こうくう)関連だけではありません。
肩こりや腰痛といった症状も起こります。
口の筋肉や関節は肩や腰にもつながっているため、痛みが広がってしまうでしょう。
腰痛・肩こりの原因が噛み合わせにもあるのです。

 

3.イライラしやすくなるなど精神的な悪影響

噛み合わせの悪さは精神的な悪影響もおよぼします。
イライラしやすくなる、集中力がなくなる、短気になるなど精神的に余裕がなくなるでしょう。
精神的な悪影響は日常生活にも支障をきたしてしまいます。
イライラが毎日積み重なった結果、アルツハイマー病になる人が出てきているのです。実際、近年の研究においてアルツハイマー病と噛み合わせが密接に関係していることが判明しました。(歯科用シェードガイド
快適な生活を送るためにも噛み合わせを早めに改善してください。
放置期間が長ければ長いほどさまざまな悪影響がやってきます。後悔しないように素早い処置をしましょう。