Bクラス滅菌器について

詳しくご紹介すると
滅菌とは、「すべての細菌、ウイルスを死滅させること」です。

歯科現場の滅菌では、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が広く使用されています。
高圧蒸気滅菌法とは、内部を高圧にする事で滅菌を行う方法です。


滅菌器にはN/S/Bクラスがあり、導入した高圧蒸気滅菌器バキュクレーブ31B+はヨーロッパ規格のBクラスになり数回の真空と蒸気・加圧を繰り返すことで優れた滅菌性能とクオリテイーの高さがあります。

歯を削る際に使用するタービンなどの内部の中腔パイプ内の残留空気を抜き、蒸気を細部まで行き渡らせて滅菌を行います(ストレートハンドピース)。

細菌を確実・安全に滅菌できると認められている
「クラスB」のオートクレーブです。
ドイツ製で医療用滅菌装置では世界トップメーカーMELAG社製です。

使用するものを専用の袋にパックして機械に入れます。
患者さまの治療の際に開封し一人一人に使用していきます。

Getidy® SJY-8L全自動オートクレーブ クラスB
Getidy®オートクレーブは厚さ2mmSU、304ステンレス鋼材質を使い、全体無溶接技術でつくられた丈夫な製品です。安全弁、二重ロック、故障セルフチェックシステム付き、安全に高温高圧滅菌を進行します。

f:id:bayerle:20161104161343j:plain