インプラントのデメリット

f:id:bayerle:20160711173351j:plain

インプラント デメリット インプラントは歯の治療方法の中でも優れた方法であり、沢山のメリットがありますが、一方で、デメリットともとれる要素もあることを把握しておく必要があります。
まずは、インプラント治療を行うためには手術が必要になるという事です。インプラントは歯茎を切開し、骨に金属を埋め込みますので、歯の治療の中ではかなり大がかりな治療になります。術後の経過を観察したりする時間も必要なため、最終的に治療が完了するのは、3ケ月から1年後と言われています。忙しい人やあまり時間がこまめにとれない人にとっては負担の大きい治療になります。そして、治療が終わった後も定期的にメンテナンスをしにクリニックに通わなければならないため、普段のお手入れや術後のメンテナンスを丁寧に出来ない人には不向きな治療です。
インプラントは手術であり、高性能なフィクスチャーや人工歯を使用するため、1本の治療で数十万円かかることが殆どです。他の治療方法に比べると治療費が高いのが現状です(歯科用無影灯)。
また、誰もがインプラント治療を受けられるというわけではないというのも知っておいた方が良いでしょう。インプラント治療は、口の中が健康で、なおかつ十分な歯槽骨がある人が出来る治療です。虫歯があったり、歯周病だったりすれば、まずはその治療を優先する必要があります。また、十分な歯槽骨がない人は、骨を造ったり他の部分から持ってくるという手術も加わります。

このように、インプラントは、少なからず体やお財布、日々の生活に負担のかかる治療と言えます。現状をよく把握し、インプラント治療を受けたい方は、生活や健康状態がインプラント治療できる状態なのかどうかを調べておきましょう(タービンハンドピース)。