精密な根管治療

根管治療の国内成功率は45%以下

根管治療の国内成功率は45%以下根管治療はごく一般的な歯科治療ですが、残念なことに日本での根管治療の成功率はとても低いものです。「60,000人の患者様の治療後のレントゲンを確認したところ、不完全な根管治療をされていた歯が55%であった」という報告があります。つまり、根管治療の成功率は45%以下ということになります。


実は、ここまで根管治療の成功率が低いのは日本の話で、海外での治療成功率は90%以上です。なぜ国内における成功率はここまで低いのでしょうか?それは、精密歯科機器の導入率の違いによるものです。


成功率の低い従来の根管治療

従来の根管治療では、歯の根の長さを測る計測機器、レントゲン写真、手の感覚による手探りで治療が行われてきました。しかし、手探りの治療では感染組織の確実な除去は困難です。なぜなら、根管の形状や神経の本数は人それぞれ異なっており、枝分かれしていたり、根管同士が繋がっていたりと非常に複雑なため、肉眼では根管の細部まで確認することができないからです。(根管治療機器(根管拡大形成キット) )

したがって、せっかく治療を行っても、根管の見落としや感染部分の取り残しが生じてしまうケースも少なくありませんでした。これが成功率の低さにつながっています。


成功率の高い「精密根管治療」の登場

CTやマイクロスコープといった精密歯科機器の登場により、根管治療の治療精度は大きく向上しました。根管の見落としや感染組織の取り残しといった従来の課題が大幅に改善されたのです。機器が高額であることなどから、国内の歯科医院への導入率はまだ低いものの、マイクロスコープを使用した精密根管治療の成功率は高く、世界の根管治療専門医の間ではスタンダードになっています。ウケデンタルオフィスでもこれらの精密機器を完備。根管治療を成功に導くため世界基準の治療環境整備に努めています。

 

精密根管治療の流れ

STEP1精密検査
STEP2無菌的処置(ラバーダム)
STEP3細菌除去(歯科診療ユニット
STEP4再感染予防

根管長測定器の正確性を高めることはどうすればいい?

1.根尖孔の大小。根尖孔は狭まればほど狭まる正確性が大きい。普通な大人には電気的根管長測定器でテストできる方法だ。しかし、不完全の発達の根尖孔のラッパ口ような患者はその方法に適用しない。


2.根管内で乾燥な程度。根管は乾燥すればほど乾燥する正確性が大きい。根管の中で大量な血膿があれば、開放ドレナージまた薬をつける。乾燥してから測量している。


以上の2つの要素はお互いに影響している。1つの要素を保証すると、正確に測量できる。根尖孔が大きくても、完全に乾燥を保ったら、正確な結果がある。根尖孔は0.4ミリメートルを超えないなら、根管の中では血膿があっても、結果の正確性を保つ。老年患者はすべての歯髄手術をすると同時に、根管の長さを測量することができ、生きている歯髄が測量に影響しない。


一、 操作の長さを測量する条件と時機

操作の長さを測量する時に、髄腔の準備が完成した。開髄孔と髄腔は根管口が直線な通路を保ち、小振りなニッケルチタンファイルK ファイルが無障害に根尖区域を達することができる。

小振りなニッケルチタンファイルK ファイル(8#10#15)は根管を探し疎通すると操作の長さを測量するベストな工具だ。


二、 操作の長さに影響する要素

根尖のところは2~3ミリメートルのエナメル質と歯髄砕屑物を積んだため、根尖孔が詰ま、平台が形成し、根尖がズレし側に貫くなどが操作の長さに影響している。根管準備の過程で、患者のすべての反応が重視を受けるはずだ。操作の長さの正確ではないと思って、早速に修正すべきだ。


三、 歯間部分の参考点を選ぶ

操作の長さは0.5ミリメートルぐらい範囲を精確する。だから、歯冠部分の参考点は診療する時に不変を保つべきだ。確認やすい。咬合な歯を調整する前に、研磨すべきだ。充填体また薄い歯の頭を選択することほうがいい。


四、 ストッパーの作用

ストッパーは拡大針の上にゴムの小さなブイである。主に操作の長さを表示するために用いられる。浮標の破裂口や標識は、ステンレス器具のあらかじめ曲がる方向を決定するのに役立つ。

出典:  根管長測定器の正確性を高めることはどうすればいい? 

知覚過敏の原因について

原因

●違った歯磨きの仕方
力を入れてゴシゴシとこすり過ぎたりすると、歯肉が傷ついて象牙質がむき出しになりやすくなります。また、歯を磨くたび出血している人は要注意です。(歯科診療ユニット)

●加齢による歯茎の後退
歯茎の後退は、年齢を重なることによって引き起こされ、知覚過敏を招いてしまう可能性があります。

歯周病による歯茎の後退
歯周病が進行し歯茎が後退すると、象牙質が露出してしまい、知覚過敏が起きやすくなります。

●歯ぎしりによって歯が削れる
歯ぎしりによって歯が削れて、知覚過敏を引き起こします。(歯科ツール滅菌器 消毒器 高温医療用消毒機)
歯ぎしりは疲労やストレスの蓄積が原因であると言われています。

●ホワイトニングの薬剤
ホワイトニングの薬剤は、歯の細かいヒビから象牙質へと伝わり象牙細管の穴に入り込み、しみる症状を招きます。治療期間が終われば症状は改善されていきます。

●虫歯
虫歯によって歯に穴が開いてしまうと、象牙質が露出し知覚過敏を招きます。虫歯が原因で知覚過敏になった場合、しみるというより痛みが先行して継続的な痛みをもたらします。

予防するには
・歯磨きの仕方
強く磨かず優しくブラッシングします。強く磨いてしまうと、歯のエナメル質が削られてしまい、象牙質が露出してしまいます。
・酸が含まれている食べ物を長歯間口に含まない(例 お酢やかんきつ類)
酸が含まれている食べ物を食べた後は、歯のエナメル質が柔らかくなります。このときにゴシゴシ歯を磨いてしまうとエナメル質が傷つきやすくなってしまいます。液体歯みがきを使用すると良いでしょう。

LED照射器について(1)

LED照射器は外来診療や口腔科などで使われ、光重合照射器で樹脂をが重合し、口腔科では歯を修復するのような作用を発揮する。LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。

 

LED照射器の光は冷光だが、冷光が何だか?
普通な光源は紫外光、赤外光、可視光線などが含まれる。紫外光が強いエネルギーがあり、赤外光が物体に吸収しやすいので、それは照射されるものの温度に高められる。だから、一般的に、紫外光と赤外光を除き、可視光線という光源はだけ冷光と呼ばれる。しかし、私の認識によって、光そのものはエネルギーだが、照射されるものの温度が高められる。そのゆえに、光重合照射器では、感光性樹脂に有効な光源(例えば430—480nm)が冷光呼ばれると思う。


LED照射器の光は冷光だか?
そうだ。そうでもないと言える。光重合照射器から使われるLEDはハロゲンランプより発熱量が小さく、光線がほとんどブルーライトだので、冷光と言える。しかし、ある光重合照射器はハイパワーなLEDを使い、一方で、光の強さが大きく、1000 mW/cm2を超える;他方で、光強さを得るために、デザインではできるだけ駆動電流が増加しなければならなく、1000—2000mAを達する。そうしたら、LEDの発熱量が大きく、スペクトルの範囲も広く、樹脂の温度も高めることになる。すなわち、このようなLED照射器は完全な冷光ではない。


LED照射器を買う時に、完全な冷光にはどのように判断しているか?
LED照射器には完全な冷光を追求することは必要があるかどうか、現在では、一層に研究するわけだ。光重合照射をする時に、樹脂の温度にはLED照射器がハロゲンランプ照射器より低いという要求すべきだ。買う時に、発光先を掌に強い光模式で照射し、掌の温度を通する判定するには熱すぎるならないほうがいい。もちろん、LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。


文章ソース  LED照射器について(1)

ホワイトニングの6つの問題について

1.ホワイトニングの効果
ホワイトニングは歯を漂白すぎないく、歯の光沢が高めることができる。

2.誰がホワイトニングに向いているのか?
歯科医師はホワイトニングに操作すべきだ。ある美容院ではホワイトニングのサービスを提供している。しかし、専門的な許可がなければ、不合法で、口腔の健康に危害できる。自分の家では漂白したら、医者の診察を受けて自分に合うかどうかを判断する必要がある。

3.ホームホワイトニングと美容院でホワイトニングのリスクはどれぐらいですか?
あるホームホワイトニングの中で美白成分は足りない。
ホワイトニングをする専門な作業員ではなければ、漂白する歯列矯正器に合わない場合がある。更に美白薬物が歯列矯正器の縁から歯肉また口腔内を漏らす。口腔内靭帯が火傷されて、歯が敏感になる。

4.ホワイトニングという項目は保険の範囲に属しているか?
医学需要だけは保険範囲に属する。(例えば、変色な死んだ髄歯は内部を漂白して、正常な顔色になっている。)そうなければ、ホワイトニングは保険範囲に属しなくて、費用では自費で、美学診療の範囲に属するのです。

5.ホワイトニングは永久性ですか?
いいえ、ホワイトニングは永久性ではない。数月から三年までぐらい持続している。人にとって、効果も異なる。一般的に、タバコを吸い、お茶またコーヒーを飲めば、ホワイトニングの効果は長い時間で持続できない。

6.ホワイトニングは義歯に有効ですか?
効果ではない。ホワイトニングは義歯、セラミック製の歯、充填物またベニアに効果ではない。


文章ソース   ホワイトニングの6つの問題について 

歯科心身症とは?

歯科の治療対象領域である顔・顎・お口は、知覚神経に富んでいます。口唇やお口の中の粘膜は触覚・痛覚に敏感で、舌はさらに味覚をも感じます。歯も歯の根の周りの神経感覚で、髪の毛一本でも識別できるほど敏感です。この顔・顎・お口の感覚に関連した心身症が歯科領域の心身症の特徴です。ある感覚が過敏になったり、感覚の錯誤(まちがい)が起きるのです。(根管長測定器

 

実際には患者さん本人は確かに感じているのに、直接お口の内や外に関連する原因が見つからない状態となります。患者さんは歯・歯ぐき・舌・口唇などに問題があると強く思っていますが、その部位の治療では本来の症状は消退しないのです。(歯科用ハンドピース )

 

このようにお口に関連する器官の感覚に異常が生じ、原因が分からすに治療期間が長期となる方が多く、これが歯科心身症の特徴です。また、患者さんに現れる症状が多彩で、いろいろなケースがあることも特徴といえます。


歯科心身症の治療法

歯科医師からの説明で「何でもない」ことが分かり、安心してお帰りいただける方も多くいらっしゃいます。しかし、もし心身症であることが判明した場合どのような方法で治療すれば良いのでしょうか。治療の流れは大きく分けて2つの治療法があります。

 

1)心理療法(サイコセラピー)について
一つめは心理療法(サイコセラピー)です。心理療法はいわゆる医療のカウンセリングと考えてください。心理療法には、いろいろな方法があり、担当医やカウンセラーにより得意な方法がありますのでそれを行ってもらうことから始まります。

 

歯科心身症では、症状に対して意識が集中し、いわゆる症状に「とらわれた」状態の方が多くいらっしゃいます。(図1)歯科治療などで強い不安が生じると、その不安が治療した部位に意識を集中させます。意識が集中した部位の感覚は敏感になるため、今まで感じていない感覚が生じます。この感覚に対して、歯科治療をはじめとした何らかの対処行動をとることになります。しかし対処行動をとることで、さらに意識が集中し、感覚が過敏になります。この悪循環にはまると、症状は継続し悪化していきます。

f:id:bayerle:20190816104504g:plain

「とらわれ」は個々人の考え方のパターンです。このパターンに気付き、パターンを意識して変えていくことが心理療法の働きです。一方では考え方には関係なく、行動のみを変更していく方法もありますが、各症状に適切な方法が選ばれると治療の効果が上がります。

 

2)薬物療法について
二つめはお薬を使う薬物療法です。お薬としては、精神に働きかけるお薬を使います(向精神薬と言います)。精神面に影響があるお薬を使うことに抵抗感がある方や、副作用を恐れ、お薬を使うことに納得されない方もいらっしゃいます。最近、心身症は脳機能の不調から生じていることが判明してきました。このため脳機能に直接影響のあるお薬が、最も効果をあげることが理解できます。適切に使用すれば効果は著明です。副作用もお薬の使い方に慣れた先生であれば、心配することはありません。実際の診療では、向精神薬に関し、精神科や心療内科にご紹介し、処方をお願いすることもあります。

 

治療期間としては1ヶ月程で変化が現れる方もいますし、半年~1年以上通院が必要な方もいます。病気で悩んでいる期間が長いほど、「1分1秒でも早く治りたい」と思うものです。しかし焦りは禁物です。治療開始当初、すぐに効果が現れ無いことであきらめないでください。少しでも症状が良くなったところに注目し、逆に悪くなったとしても焦らず、あきらめず、全体では良い方向に向かっていることに気付いていただければ、治りもより早くなります。