歯ぎしりを起こしやすい原因

ストレス

歯ぎしりの原因として最も考えられるのが、「ストレス」と言われています。仕事での対人関係や、生活環境の変化によって起きるストレスなど、個人によって感じ方もさまざまです。(小型集塵機

治し方

現代社会では、ストレスを受けずに生きることは難しいといえます。ただストレスと上手に向き合い、抱え込まないように自分なりの発散方法を身に付けることが大事です。

f:id:bayerle:20170916120119j:plain

噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪いと、歯ぎしりを起こしやすくなります。成長に合わせて噛み合わせは変化するものですが、虫歯や歯周病が原因で噛み合わせに変化が生じてしまうと、歯ぎしりが強くなってしまいます。(コンポジットレジン

治し方

噛み合わせの状態を歯医者さんで細かく診断してもらいましょう。治療法として、詰め物や被せ物を用いた「補綴(ほてつ)治療」で欠損した歯を補う方法があります。虫歯や歯周病を発症している場合は、早期に治療を進めることが大切です。

赤い口内炎の治療方法

カタル性口内炎の治療法

カタル性口内炎であれば、自宅で経過観察しても構いません。基本的に1週間~10日もあれば自然治癒します。口腔内が不衛生だと長引くので、衛生管理には留意してください。患部を刺激しないように「ぬるま湯」でうがいするなどして、口腔内の衛生状態を保ちましょう。(歯科 開口器

あるいは、「イソジン」「コンクール」など低刺激のうがい薬を使用しても構いません。ただし、アルコールの入った洗口液は刺激が強すぎるので避けましょう。そのほか、抗生物質の入った軟膏を塗布するのも有効です。雑菌の繁殖を抑えることで、炎症の悪化を防ぐことが期待できます。

f:id:bayerle:20170829124420j:plain

カンジダ口内炎の治療法

真菌(カビ)の感染症なので、抗真菌薬による治療をおこないます。ステロイド抗生物質カンジダ口内炎の誘発・悪化要因になるので注意が必要です。ステロイドは免疫反応を抑えてしまいますし、抗生物質カンジダ菌に効きません。特に抗生物質は、ほかの菌を殺菌することで、結果的にカンジダ菌のさらなる増殖をサポートしてしまいます。

ヘルペス口内炎の治療法

ヘルペス口内炎は「単純ヘルペスウイルス1型」が原因ですから、抗ウイルス薬による治療を試みます。「アシクロビル」「ビダラビン」などの抗ウイルス薬を用いることで、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることが可能です。(歯科用シェードガイド

 

 

シフォンケーキ

シフォンケーキにアイスクリーム、生クリーム、フルーツが添えられています

f:id:bayerle:20170805121235j:plain

誰でもすぐに始められる虫歯予防

虫歯になりやすい場所はデンタルフロスが効果的

デンタルフロスは虫歯予防にはかかせない道具の一つです。歯ブラシだけでは歯の間や奥歯の隙間の汚れを落とすのが難しく、デンタルフロスを使用する事によって20%ほど歯垢除去率がアップします。

低コストで出来る重曹を使った虫歯予防

重曹でうがいをする事は虫歯予防に効果があります。お口を酸性から中和する働きがあり、口臭も改善する効果があります。また、重曹を歯ブラシにつけて磨く事でホワイトニングの効果も期待できるのです。(歯科治療機器

f:id:bayerle:20170805120312j:plain

 歯が強くなる

キシリトールガムは虫歯の原因になるミュータンス菌を弱める力があると言われています。また、ガムを噛むことにより唾液が分泌され、歯を再生させる働きがあるので、さらに虫歯予防に効果が期待できます。(ホワイトニング照射装置

天然素材のキシリトールを100パーセント使用している製品は、虫歯の原因を作りませんのでおすすめです。